長野りんごの種類

長野りんごの種類

長野は、青森に次いで第2位のりんご生産量を誇る県です。長野りんごの種類と旬をご紹介します。

 

味別、 長野リンゴの種類

 

酸っぱい
  • シナノゴールド11月上〜中旬
  • 千秋9月下旬〜10月上旬
  • 紅玉10月中〜下旬

 

やや酸味がある
  • 秋映、アルプス乙女10月上〜中旬
  • シナノレッド8月中旬〜

 

酸味×甘味
  • つがる8月下旬〜9月上旬
  • 新世界10月下〜11月上旬

 

甘い
  • 吊月11月上〜中旬
  • 陽光10月中〜下旬
  • 王林10月下〜11月上旬

 

とても甘い
  • シナノスイート9月下旬〜10月上旬
  • ふじ11月〜
  • あいかの香り10月下〜11月

 

蜜入りが好きなら長野りんご

長野のりんごは、その土地柄からか、蜜が入り易いと言われています。とくに「ふじ」に入り易いです。りんごのお尻が緑ではなく、透明で黄色っぽくなっているものを選んでみて下さい。蜜が入っている確立が高くなります。

 

長野のりんごと言えば「りんご3兄弟」

長野生まれのオリジナル品種、秋映(あきばえ)・シナノスイート・シナノゴールドの3品種は「りんご3兄弟」として人気です。県を挙げてプロモーションをしているのだとか。まだ試した事のない方は、是非お試しくださいね。

 

 

長野りんご(信州りんご)ご購入の際には、長野オリジナル品種を是非お試しください。旬のりんごを丁度良いタイミングで手に入れたいならば、産地直送便を利用してみても良いかも知れませんね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

産地ランキング|一番はどこ?
りんごの生産量の多い産地はどこ?日本&世界のランキングトップ5とリンゴの特徴をご紹介します。
長野県のりんご生産量
人気&定番の、りんごの品種一覧の特徴をご紹介します。
長野県のりんご生産量
長野県のりんご生産量は日本国内で第2位。1位は青森です。どの位の生産量で、どんな特徴を持つのでしょうか。
青森りんごの歴史
日本のりんご生産量の半分以上を占める青森りんご。青森りんごの歴史をご紹介します。
千秋りんごの特徴
秋田県生まれ、「千秋りんご」の特徴をご紹介します。
津軽りんごの特徴
ふじに次いで、2番目に人気と言われる、津軽りんご の特徴をご紹介します。
紅玉りんごの特徴
おかし作りには定番と言われるりんご「紅玉」の特徴をご紹介します。
青りんごの種類
さっぱりとした味わいで人気の青りんご〜黄りんごの種類をご紹介します。
青森りんごの種類
青森りんごは国内りんご市場の50%以上を占めます。りんご栽培に適した地で、美味しい りんごが出来ると人気です。青森りんごの主な種類と旬をご紹介しましょう。