冷凍りんごの栄養素は?

冷凍りんごの栄養素は?

りんごを冷凍すると、栄養素が失われたり、変質する事があるのでしょうか?

 

冷凍するとビタミンCの量が増える?

イギリス、マンチェスター大学の研究によると、果物を冷凍すると、ビタミンCや抗酸化物質の含有量が高くなると報告されています。りんごにはあまりビタミンCは含まれませんが、それでも量が増えるならば嬉しいですよね。

 

冷凍すると栄養が流れ出る?

冷凍にポジティブな研究結果がある一方で、「栄養が流れ出る」という意見も。りんごに含まれ、嬉しい活躍をしてくれる「ペクチン」は、水溶性食物繊維なので水に溶けます。家庭では凍らせるまでに時間が掛かってしまいますよね。りんごから溶け出た食物繊維が氷となり易く、その分、栄養価が減ると言われています。コンポートなどにして冷凍する場合は、火を通す過程があるので酵素が失われ易いです。

 

長期保存はNG

長期保存すると、酵素が死んでしまいます。りんごの細胞から水分が抜けたり、酵素の活動が微細でも進むと品質が劣化するからです。1か月を目安に、出来ればそれよりも早く食べきる様にしましょう。

 

冷凍保存した丸ごとりんごが美味しい。という声もありますが、栄養価を考えるならば避けた方が良さそうですね。冷蔵保存をしたとしても、長期間にならない様に気を付けましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの栄養価・成分
りんごの栄養価は、他の果物と比べて大きく優れているという訳でもありませんが、ミネラルやビタミンがバランス良く配合されています。特に注目される成分を見ていきましょう。
りんごでビタミンcの量がアップ
まだまだ原因は解明されていませんが、りんごにはビタミンCの吸収量をアップさせる働きがあるようです。
りんごのカリウムの効果
りんごにはカリウムが含まれています。カリウムとは?どのような健康効果をもたらすのでしょうか。
りんごのペクチンの効果
りんごペクチンの摂取で様々な健康効果が期待できるようです。
りんごの食物繊維パワー
りんごの食物繊維の特徴をご紹介します。
りんごポリフェノールの効果
りんごが注目されるのは、「りんごポリフェノール」のお蔭?!気になるその特徴と効果を見ていきましょう。
りんごの皮に含まれる栄養
りんごの皮を捨ててはいませんか?実はとても勿体ない事をしているかも知れません。りんごを食べるなら、そのまま!その理由をご紹介します。
リンゴ酸の効果
リンゴ酸の効果をご紹介します。ストレスが溜まっている方、疲れやすい方。もしかしたらりんごが役立つかも知れません。
りんごを加熱すると栄養はなくなる?
りんごを加熱する「ほっとりんご」に注目が集まっています。栄養成分がさらにアップするのだとか。
酸化したりんごの栄養は?
りんごが酸化して茶色く変色したとき、りんごの栄養価は下がるのでしょうか?