りんごの栽培方法

りんごの栽培に関する情報をまとめているカテゴリです。

りんごの栽培方法記事一覧

リンゴを自宅で栽培する方法をご紹介します。家でつくったりんごを食べてみたい!という方はぜひ!栽培の前提条件年間平均気温が6〜14度の地域で最適です。りんごは夏の強い日光に弱い為、西日を避けつつ日当たりが良く、乾燥し易い場所は避けましょう。りんごの栽培方法 11月〜3月にかけて植え込み、「ワイ性台木」を使って、接ぎ木して植えると育ちが良くお庭でもあまり場所をとりません。植えこんだら地面から70cm〜...

りんごは農薬なしでは作れないと言われるほど。害虫を寄せ付けない対策はあるのでしょうか。りんごの害虫ハダニ類、アブラムシ類、ハマキムシ類、リンゴハタムシなど、桃や梅以上に害虫が好む木です。その為、しっかりと害虫対策をしないと、花は咲いても実がならないという事態になります。りんごに害虫が付いたら? 害虫を見つけ次第、取り除く必要があります。殺虫剤などを使用するか、手で丁寧に排除しましょう。食害された葉...

リンゴ栽培に欠かせない肥料の与え方をご紹介します。まずは土壌作りから 庭に直植えの場合りんごの根がしっかりと成長するように、酸素を沢山含んだふかふかの土が理想です。一般的な径70cm,深さ50cmの穴を掘って植える場合に必要な肥料は以下。バーク堆肥or牛糞堆肥 穴の大きさの2割位(40〜50リットル)。溶燐 上記の肥料の5〜10%位。苦土石灰 穴の容積に対して0.5g/リットル位(100g位)。こ...

.りんご農家の収入はどの位なのでしょうか。気になる本当の所10a当たり3600kg出来たとして、50〜60万円と言われています。敷地が広く、良い品質のりんごを作り出している農家であれば、それ以上の可能性も。年収にすると400万円〜500万円が多いようです。規模の大きいりんご農家であれば、りんご1本でもやっていけますが、ほとんどの農家が兼業をしているそうです。りんご1本は危険なカケ? りんごに特化し...

りんごの花の開花時期は、植え方や品種よっても異なるようです。植え方による開花時期の違い 1年苗を庭に植え付けた場合、開花・結実までに5〜6年。ワイ性台木に接木された苗の場合は3年で結実しはじめます。りんごの開花時期の目安自宅栽培で人気の品種「ふじ」では4月20〜30日。多くのりんごでは、5月上旬位までが開花の時期となります。10日程で花が散ってしまうため、人工授粉は時間との勝負です!組み合わせの良...

りんごの木は特に病気にかかり易いと言われています。特に発症し易い病気をご紹介します。 かかり易い病気斑点落葉病葉に斑点模様が出来て、落ち始める危険な病気です。腐らん病りんごの木が成長する際に、割れ目から菌が入り込み、幹を腐らんさせる病気です。枝が枯れていき、他の部分にも感染するので、酷い場合は切り落としが必要となります。黒星病葉及び果実に発生しまう。黒緑色の斑点模様が特徴的です。うどんこ病発芽から...

page top