青りんごの種類

青りんごの種類

さっぱりとした味わいで人気の青りんご〜黄りんごの種類をご紹介します。

 

種類一覧

  • アンビシャス
  • 果肉は黄色く硬く、しっかりとした歯触りです。果汁が多く酸味は少なく甘味がメインとなります。

     

  • おうりん(王林)
  • 果実は綿密で硬く、甘みが強く酸味は少ないです。独特のフレッシュな香りで人気。

     

  • きおう(黄王)
  • 甘味酸味ともまろやかな、岩手産のりんごです。

     

  • きたろう
  • サクッと軽い歯触り。甘さと酸味のバランスもgood。香りが強いです。

     

  • きんせい(金星)
  • 甘味酸味のバランスが良く、上品な味わい。

     

  • こうこう
  • 実はやや硬めで、歯触りがしっかりしています。甘みが強いです。

     

  • サン金星
  • 金星に比べ甘味が高く、香りも一層豊かです。

     

  • シナノゴールド
  • 甘酸っぱくジューシー。シャキシャキッとした歯切れの良さが特徴的です。

     

  • 白ふじ
  • 袋をつけたまま育てられた「ふじ」です。酸味が強くなります。

     

  • トキ
  • 甘味が強く上品な香りが特徴的。りんごと梨を足したような食感です。

     

  • サンむつ
  • とろりとした甘さ、濃厚な甘味、適度の酸味が揃ったりんごです。

     

  • 星の金貨
  • ふじのようなシャリシャリ食感に、青りんごの爽やかな味わいが楽しめます。小ぶりではありますが、とてもジューシーです。

     

  • ムーンふじ
  • 長野県で2010年に栽培が始められたばかりの品種。ふじに袋を掛けたまま栽培されます。果肉は柔らかくジューシーで、蜜入りりんごが多いです。

     

  • ゴールデン・デリシャス
  • ジューシーでとても甘味の強いりんごです。

 

青りんご・黄りんごをお探しの際には、是非参考にしてみて下さいね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

産地ランキング|一番はどこ?
りんごの生産量の多い産地はどこ?日本&世界のランキングトップ5とリンゴの特徴をご紹介します。
長野県のりんご生産量
人気&定番の、りんごの品種一覧の特徴をご紹介します。
長野県のりんご生産量
長野県のりんご生産量は日本国内で第2位。1位は青森です。どの位の生産量で、どんな特徴を持つのでしょうか。
青森りんごの歴史
日本のりんご生産量の半分以上を占める青森りんご。青森りんごの歴史をご紹介します。
千秋りんごの特徴
秋田県生まれ、「千秋りんご」の特徴をご紹介します。
津軽りんごの特徴
ふじに次いで、2番目に人気と言われる、津軽りんご の特徴をご紹介します。
紅玉りんごの特徴
おかし作りには定番と言われるりんご「紅玉」の特徴をご紹介します。
長野りんごの種類
長野は、青森に次いで第2位のりんご生産量を誇る県です。長野りんごの種類と旬をご紹介します。
青森りんごの種類
青森りんごは国内りんご市場の50%以上を占めます。りんご栽培に適した地で、美味しい りんごが出来ると人気です。青森りんごの主な種類と旬をご紹介しましょう。