りんごに豊富な食物繊維の効果

りんごに豊富な食物繊維の効果

りんごに豊富な食物繊維の効果をご紹介します。

 

 

りんごの食物繊維

不溶性食物繊維も含みますが、特に水溶性食物繊維が豊富に含まれています。とろりとした質感が特徴で、様々な食品に添加物として使用されています。

 

りんご食物繊維の効果

便秘・下痢の解消

水溶性食物繊維は、ゲル状になる特性から腸内をゆっくりと移動し、糖質の吸収を抑え、またコレステロールや不要物を吸着して排出の手助けをします。それだけでなく、腸内で良質な善玉菌のエサとなり、善玉菌の数を増やす効果も。これにより腸内環境が整えられ、便秘・下痢の解消に役立つのです。

 

コレステロール値を下げる

りんごに含まれる水溶性食物繊維「ペクチン」には、コレステロールの異常を抑える働きがあります。

 

りんごは丸かじりが基本!

ペクチンは皮と皮の下部分に多く含まれています。そのため、りんごを食べるならば皮ごとがお勧め。加熱するとペクチン活性率が9倍になると言われています。ただし、熱に弱い酵素は殆どなくなってしまうので、目的に応じで上手に食べ分けてみましょう。

 

 

りんごの食物繊維を上手に使って、整腸作用・高血圧、糖尿病予防・ダイエットに役立て見て下さいね。

<スポンサーリンク>
page top