りんごのカリウムの効果

りんごのカリウムの効果

りんごにはカリウムが含まれています。カリウムとは?どのような健康効果をもたらすのでしょうか。

 

カリウムとは?

筋肉や神経細胞に多く含まれ、筋肉・心臓の収縮や神経伝達を支えています。カリウムが足りなくなれば、疲れやすい、怠いなどの症状や、心臓の働きが悪くなり不整脈の原因となる事も。また、カリウムには、体内の余分な塩分を排出する働きもあります。

 

高血圧に良いカリウム

カリウムのナトリウム排出効果が高血圧に役立つのです。体は塩分が多いと、水分をため込んで血液中の塩分濃度を一定に保とうと(薄めよう)と働きます。そのため、血液量が増加→心臓に負担をかけ血圧が上がります。カリウムにより、余分なナトリウムが排出され、高血圧予防に役立つとされているのです。

 

りんごに含まれるカリウムの量

以外と少ないようです。例えば、アボカド100g(1個)では720r。バナナ100g(1本)360r。それに対してリンゴ100g(中半分)で110rにしかなりません。とはいいつつも、りんごは1年中手に入り、重宝するカリウムを含む食材です。りんごの他にも上手にカリウム食品を取り入れて行きましょう。

 

必要なカリウム量

一般の方の場合は1日に2〜4グラム。高血圧の方は4〜5グラムのカリウム量が推奨されています。

 

りんごカリウムの注意点

カリウムは水に溶けやすい性質を持つので、煮る場合はコンポートとして食べる事をお勧めします。

 

りんごに含まれるカリウムは意外と少ないですね。ですが、りんごの有効成分はカリウムだけではありません。食物繊維・ビタミン・ミネラルを豊富に含み様々な健康効果をもたらしてくれる事でしょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの栄養価・成分
りんごの栄養価は、他の果物と比べて大きく優れているという訳でもありませんが、ミネラルやビタミンがバランス良く配合されています。特に注目される成分を見ていきましょう。
りんごでビタミンcの量がアップ
まだまだ原因は解明されていませんが、りんごにはビタミンCの吸収量をアップさせる働きがあるようです。
りんごのペクチンの効果
りんごペクチンの摂取で様々な健康効果が期待できるようです。
りんごの食物繊維パワー
りんごの食物繊維の特徴をご紹介します。
りんごポリフェノールの効果
りんごが注目されるのは、「りんごポリフェノール」のお蔭?!気になるその特徴と効果を見ていきましょう。
りんごの皮に含まれる栄養
りんごの皮を捨ててはいませんか?実はとても勿体ない事をしているかも知れません。りんごを食べるなら、そのまま!その理由をご紹介します。
リンゴ酸の効果
リンゴ酸の効果をご紹介します。ストレスが溜まっている方、疲れやすい方。もしかしたらりんごが役立つかも知れません。
りんごを加熱すると栄養はなくなる?
りんごを加熱する「ほっとりんご」に注目が集まっています。栄養成分がさらにアップするのだとか。
酸化したりんごの栄養は?
りんごが酸化して茶色く変色したとき、りんごの栄養価は下がるのでしょうか?
冷凍りんごの栄養素は?
りんごを冷凍すると、栄養素が失われたり、変質する事があるのでしょうか?