りんごの肥料の与え方

りんごの肥料の与え方

リンゴ栽培に欠かせない肥料の与え方をご紹介します。

 

まずは土壌作りから

庭に直植えの場合

りんごの根がしっかりと成長するように、酸素を沢山含んだふかふかの土が理想です。一般的な径70cm,深さ50cmの穴を掘って植える場合に必要な肥料は以下。

 

  • バーク堆肥or牛糞堆肥 穴の大きさの2割位(40〜50リットル)。
  • 溶燐 上記の肥料の5〜10%位。
  • 苦土石灰 穴の容積に対して0.5g/リットル位(100g位)。

 

これらを良く混ぜて、土台形成します。

 

鉢植えの場合

地表面にバーク堆肥を20リットル程置きましょう。毎年2kg/uの有機質堆肥の追加が目安です。

 

新葉が出てきたら?

化成肥料を追加します。一握り位で十分です。

 

その後の肥料やり頻度

施肥は年2〜3回が基本。元肥として11〜12月に有機質肥料100g、追肥として3〜4月に粒状肥料50gを与えましょう。収穫後にりんごに養分をしっかり与える事で、翌年の出来ばえを左右します。肥料のあげすぎには注意しましょう。幼木の場合、かえって貧弱になってしまう事もあるようです。

 

りんごにしっかりと適切な栄養分を与えて上げる事で、美味しいりんごが出来る事に期待したいですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの栽培方法
リンゴを自宅で栽培する方法をご紹介します。家でつくったりんごを食べてみたい!という方はぜひ!
りんごの害虫を防ぐには
りんごは農薬なしでは作れないと言われるほど。害虫を寄せ付けない対策はあるのでしょうか。
りんご農家の収入はどれくらい?
.りんご農家の収入はどの位なのでしょうか。
リンゴの花の開花時期
りんごの花の開花時期は、植え方や品種よっても異なるようです。
要注意!りんごの木の病気
りんごの木は特に病気にかかり易いと言われています。特に発症し易い病気をご紹介します。