りんご離乳食中期

離乳食中期向けのりんご料理の作り方

離乳食中期は赤ちゃんも飲み込む・舌を動かす事に慣れ、食事バリエーションがグッと広がる時期です。離乳食中期にお勧めのりんご料理の作り方をご紹介します。

 

 

中期(生後7・8カ月)の特徴

舌を上手に上下左右に動かせるようになる時期です。まだ歯は生えていなくても、舌や上あごを使ってもぐもぐ出来ます。その為、りんごを離乳食として与える場合は2〜5ミリ程、豆腐位の硬さがお勧め。食事の回数も2回に増えるので、りんごだけでなく、他の食材も上手に取り入れるようにしたいですよね。簡単に作り方をご紹介します。

 

作り方1:りんごと人参の柔らか煮

■材料

  • りんご1/2
  • 人参1/4

 

■手順

  1. りんごと人参を角切りにします
  2. 被る位の水を入れて火にかける
  3. 沸騰したら弱火で10分→完成!

 

レシピ2:アップルポテト

■材料

  • りんご20グラム
  • サツマイモ30グラム
  • 人参5グラム

 

■手順

  1. りんごは皮をむいて角切り。サツマイモは皮をむき角切りにしてから、一度水にさらします。人参はみじん切りにしましょう。
  2. 材料が被る位の水をいれて柔らかくなるまで煮ます。

 

水の代わりにリンゴジュースを入れると甘味がアップ!

 

レシピ3:りんごの角切り

■材料

  • りんご1/4
  • レモン汁少々

 

■手順

  1. りんごの皮をむき、5o位の角切りに。レモン汁を振ります。
  2. 耐熱皿に入れて500wで2分位レンジでチン!

 

ある程度の噛みごたえのあるものが好きな赤ちゃんの場合「紅玉」がお勧めです。形が崩れず綺麗な角切りに。

 

 

離乳食のバリエーションを増やして、赤ちゃんに元気にすくすく育ってもらいましょう!

<スポンサーリンク>
page top