りんご離乳食中期

離乳食中期向けのりんご料理の作り方

離乳食中期は赤ちゃんも飲み込む・舌を動かす事に慣れ、食事バリエーションがグッと広がる時期です。離乳食中期にお勧めのりんご料理の作り方をご紹介します。

 

中期(生後7・8カ月)の特徴

舌を上手に上下左右に動かせるようになる時期です。まだ歯は生えていなくても、舌や上あごを使ってもぐもぐ出来ます。その為、りんごを離乳食として与える場合は2〜5ミリ程、豆腐位の硬さがお勧め。食事の回数も2回に増えるので、りんごだけでなく、他の食材も上手に取り入れるようにしたいですよね。簡単に作り方をご紹介します。

 

作り方1:りんごと人参の柔らか煮

■材料

  • りんご1/2
  • 人参1/4

 

■手順

  1. りんごと人参を角切りにします
  2. 被る位の水を入れて火にかける
  3. 沸騰したら弱火で10分→完成!

 

レシピ2:アップルポテト

■材料

  • りんご20グラム
  • サツマイモ30グラム
  • 人参5グラム

 

■手順

  1. りんごは皮をむいて角切り。サツマイモは皮をむき角切りにしてから、一度水にさらします。人参はみじん切りにしましょう。
  2. 材料が被る位の水をいれて柔らかくなるまで煮ます。

 

水の代わりにリンゴジュースを入れると甘味がアップ!

 

レシピ3:りんごの角切り

■材料

  • りんご1/4
  • レモン汁少々

 

■手順

  1. りんごの皮をむき、5o位の角切りに。レモン汁を振ります。
  2. 耐熱皿に入れて500wで2分位レンジでチン!

 

ある程度の噛みごたえのあるものが好きな赤ちゃんの場合「紅玉」がお勧めです。形が崩れず綺麗な角切りに。

 

 

離乳食のバリエーションを増やして、赤ちゃんに元気にすくすく育ってもらいましょう!

<スポンサーリンク>

関連ページ

離乳食初期に最適なりんご
離乳食初期の食材として人気のりんご。その効果と調理方法のポイントをご紹介します。
離乳食後期向けのりんご料理の作り方
りんご離乳食後期では、赤ちゃんは離乳食になれ、食べムラも出てきてママは離乳食に悩み始める時期かも知れません。そんな時に役立つりんごを使った料理の作り方やポイントをご紹介します。
おすすめのりんご料理
りんごを美味しく料理に活かしたい!そんな時の為のレシピをご紹介します。
お勧めりんごケーキの作り方〜厳選レシピ
りんごケーキにも沢山のレシピがあります。その中から特にお勧めの作り方をご紹介しましょう。
焼きリンゴの作り方
生のりんごに飽きたら、レンジ・オーブン・トースター・フライパンで、焼きりんごはいかがですか?
りんごジャムの作り方
りんごが消費しきれない。美味しくないりんごを買ってしまった。なんて時に大活躍!お勧め、りんごジャムの作り方をご紹介します。
りんご+赤ワインでリッチな味わいを
りんごと赤ワインの相性は抜群!また赤ワインと併せる事で更なる健康効果も期待できるのだとか。
焼きリンゴを電子レンジで作る
オーブンだとちょっと手間。そんな方にお勧めのレンジで作れる焼きりんごレシピと、そのポイントをご紹介します。
美味!りんご天ぷら
りんごの意外な使い道、りんご天ぷらをご紹介します。