りんご正しい常温保存の方法

りんご正しい常温保存の方法

りんごを常温保存する際には、何点か注意が必要です。出来る限り鮮度を長く保つための秘訣や選び方をご紹介しましょう。

 

 

ポイント@冷暗所で保管

暗く湿度が高い場所がお勧めです。18度前後の温度だと、1週間程で風味が落ちます。なるべく涼しい場所に保管しましょう。夏場は常温ではなく、冷蔵庫保存がお勧めです。

 

ポイントA保存の仕方

新聞紙で2〜3個ずつ包むか、ラップで1つ1つ包みます。包んだうえで、ビニール袋に入れて密閉すると更に効果的。

 

ポイントB品種や時期の違い

品種や収穫時期によって、長持ちする度合いが異なるようです。例えば「つがる」「紅玉」はあまり日持ちしないと言われる一方、「ふじ」「シナノゴールド」は長く持つと言われています。日持ちの短いりんごであれば1週間程。長ければ3か月以上持つ事もあるのだとか。一般的には、夏よりも晩秋に収穫されたものは日持ちし易いと言われています。

 

出来るだけ日持ちのするりんごを選びたいですよね。そんな時には品種に注目してみましょう。また、大きいりんごよりも中くらいのりんごの方が長持ちなのだとか。是非お役立て下さいね。

<スポンサーリンク>
page top