りんご正しい常温保存の方法

りんご正しい常温保存の方法

りんごを常温保存する際には、何点か注意が必要です。出来る限り鮮度を長く保つための秘訣や選び方をご紹介しましょう。

 

ポイント@冷暗所で保管

暗く湿度が高い場所がお勧めです。18度前後の温度だと、1週間程で風味が落ちます。なるべく涼しい場所に保管しましょう。夏場は常温ではなく、冷蔵庫保存がお勧めです。

 

ポイントA保存の仕方

新聞紙で2〜3個ずつ包むか、ラップで1つ1つ包みます。包んだうえで、ビニール袋に入れて密閉すると更に効果的。

 

ポイントB品種や時期の違い

品種や収穫時期によって、長持ちする度合いが異なるようです。例えば「つがる」「紅玉」はあまり日持ちしないと言われる一方、「ふじ」「シナノゴールド」は長く持つと言われています。日持ちの短いりんごであれば1週間程。長ければ3か月以上持つ事もあるのだとか。一般的には、夏よりも晩秋に収穫されたものは日持ちし易いと言われています。

 

出来るだけ日持ちのするりんごを選びたいですよね。そんな時には品種に注目してみましょう。また、大きいりんごよりも中くらいのりんごの方が長持ちなのだとか。是非お役立て下さいね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの保存方法
りんごを長期保存する方法はあるのでしょうか?お勧めの方法をご紹介します。
りんごの保存期間はどの位?
常温保存・冷蔵保存・冷凍保存では、それどれどの位りんごは日持ちするのでしょうか?
りんごの冷凍保存の方法
りんごを冷凍保存する際のポイントや方法をご紹介します。
切ったりんごの保存方法
中途半端にりんごが残ってしまう時もありますよね。なるべく風味を失わずに保存できる方法をご紹介します。
りんごは冷蔵庫でどの位持つのか
りんごを冷蔵庫で保存した場合、どの位日持ちするのでしょうか?なるべく日持ちさせる方法をご紹介します。
りんごとみかんを一緒に保存するのはNG
りんごとみかんを一緒に入れてはいませんか?みかんの寿命を縮めているかも知れません。
りんごのへたにカビ?原因は?
りんごのへたに青かび、芯の部分に白や茶色のふわふわしたものが!?この状態のりんごを食べても大丈夫なのでしょうか?
りんごが変色する理由
りんごを10分も放置すると、切り口がどんどん茶色になりますよね。なぜこの様な現象が起きるのでしょうか。
りんごの変色に塩水が効果的?なぜ?
りんごの変色に塩水が効果的と言われる理由をご紹介します。
りんごを塩水に浸す時間
塩水がりんごの変色に役立つ事は有名ですが、浸しすぎるとしょっぱいし、お塩の量を減らせば効果が出ないことも。どの位の時間や濃度が丁度良いのでしょうか。
りんごの変色防止方法
りんごの変色を防ぐ6つの方法をご紹介します。
りんごの賞味期限はどの位?
りんごの保存に最適な環境は、温度が0℃ 湿度が85〜90%と言われています。といっても、なかなかこの環境を維持すのは難しいですよね。そんな時に役立つ!保存方法別に、りんごの賞味期限をご紹介します。
りんごジャムを長持ちさせる保存方法
りんごジャムは保存方法がしっかりしていれば1年もの間日持ちさせる事が出来ます。その手順とポイントをご紹介しましょう。