酸化したりんごの栄養は?

酸化したりんごの栄養は?

りんごが酸化して茶色く変色したとき、りんごの栄養価は下がるのでしょうか?

 

りんごが酸化するとは?

りんごに含まれるポリフェノールには、酸化を促進する「酸化酵素」が含まれています。これが、空気に触れる事で、酸化→変色を起こします。

 

酸化によって失われる効果

ポリフェノールには、抗酸化作用があります。このポリフェノールが酸化=劣化する事で切り口表面の一部の栄養素が失われると考えられるのです。ただし、酸化は中までは及びません。抗酸化作用を利用したアンチエイジング・メラニン抑制を目的として摂取する場合は、切ったらすぐに食べるようにしたいですね。

 

>酸化を防ぐには?

酸化を防ぐには、塩水に浸したり、レモン汁を振りかける方法が一般的です。塩水の場合、あまり長く浸すと栄養分が溶け出てしまうので、切って直ぐに2〜3秒くぐらせるに留めましょう。

 

酸化した表面部分の抗酸化作用は少しばかり失われますが、りんごそのものの栄養価が著しく落ちるという訳ではないようです。塩水に浸す手もありますが、少しばかりの栄養が溶け出ます。やはり切ってすぐに食べる事が一番のようですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの栄養価・成分
りんごの栄養価は、他の果物と比べて大きく優れているという訳でもありませんが、ミネラルやビタミンがバランス良く配合されています。特に注目される成分を見ていきましょう。
りんごでビタミンcの量がアップ
まだまだ原因は解明されていませんが、りんごにはビタミンCの吸収量をアップさせる働きがあるようです。
りんごのカリウムの効果
りんごにはカリウムが含まれています。カリウムとは?どのような健康効果をもたらすのでしょうか。
りんごのペクチンの効果
りんごペクチンの摂取で様々な健康効果が期待できるようです。
りんごの食物繊維パワー
りんごの食物繊維の特徴をご紹介します。
りんごポリフェノールの効果
りんごが注目されるのは、「りんごポリフェノール」のお蔭?!気になるその特徴と効果を見ていきましょう。
りんごの皮に含まれる栄養
りんごの皮を捨ててはいませんか?実はとても勿体ない事をしているかも知れません。りんごを食べるなら、そのまま!その理由をご紹介します。
リンゴ酸の効果
リンゴ酸の効果をご紹介します。ストレスが溜まっている方、疲れやすい方。もしかしたらりんごが役立つかも知れません。
りんごを加熱すると栄養はなくなる?
りんごを加熱する「ほっとりんご」に注目が集まっています。栄養成分がさらにアップするのだとか。
冷凍りんごの栄養素は?
りんごを冷凍すると、栄養素が失われたり、変質する事があるのでしょうか?