青森りんごの種類

青森りんごの種類

青森りんごは国内りんご市場の50%以上を占めます。りんご栽培に適した地で、美味しいりんごが出来ると人気です。青森りんごの主な種類と旬をご紹介しましょう。

 

定番品種

 

  • 夏緑
  • 8月上〜中旬

     

  • きおう、未希ライフ、彩香
  • 8月末〜9月上旬

     

  • つがる
  • 8月下旬〜9月下旬

     

  • ふじ
  • 10月下〜11月上旬

     

  • とき
  • 10月上旬

     

  • 北斗
  • 10月中〜下旬

     

  • 陸奥(むつ)
  • 10月中旬〜11月上旬

     

  • 紅玉(こうぎょく)
  • 9月下旬〜10月中旬

     

  • ジョナゴールド 
  • 10月上旬〜10月下旬

     

  • 金星(きんせい)
  • 11月上旬

     

  • 世界一(せかいいち)
  • 10月下旬

     

  • 王林(おうりん)
  • 10月下旬〜11月上旬

     

    新品種

     

  • 北紅
  • 10月上旬

     

  • あおり
  • 8月中旬

     

  • 星の金貨
  • 10月下旬

     

    青森りんごの楽しみ方

    美味しい青森りんごが欲しいならば、農場から直接取り寄せてみましょう。取れたて、旬のりんごを一足先に楽しむ事が出来ます。産地直送だと安くなるのも魅力的。農家の方の顔も分かり安心して食べる事が出来るのも嬉しい点です。青森りんごの組み合わせセットなどもあるので、存分に楽しんでみてください。

     

     

    青森りんごには沢山の種類があります。旬の時期も8月〜11月下旬まで幅があるので、長く楽しめますね。お得に美味しい青森りんごを手に入れたい場合は、産地直送便などを利用すると良いかも知れません。

    <スポンサーリンク>

    関連ページ

    産地ランキング|一番はどこ?
    りんごの生産量の多い産地はどこ?日本&世界のランキングトップ5とリンゴの特徴をご紹介します。
    長野県のりんご生産量
    人気&定番の、りんごの品種一覧の特徴をご紹介します。
    長野県のりんご生産量
    長野県のりんご生産量は日本国内で第2位。1位は青森です。どの位の生産量で、どんな特徴を持つのでしょうか。
    青森りんごの歴史
    日本のりんご生産量の半分以上を占める青森りんご。青森りんごの歴史をご紹介します。
    千秋りんごの特徴
    秋田県生まれ、「千秋りんご」の特徴をご紹介します。
    津軽りんごの特徴
    ふじに次いで、2番目に人気と言われる、津軽りんご の特徴をご紹介します。
    紅玉りんごの特徴
    おかし作りには定番と言われるりんご「紅玉」の特徴をご紹介します。
    長野りんごの種類
    長野は、青森に次いで第2位のりんご生産量を誇る県です。長野りんごの種類と旬をご紹介します。
    青りんごの種類
    さっぱりとした味わいで人気の青りんご〜黄りんごの種類をご紹介します。