りんごの保存方法

りんごの保存方法

りんごを長期保存する方法はあるのでしょうか?お勧めの方法をご紹介します。

 

 

りんごのシーズン中

りんごのシーズンは冬です。暖房のない部屋で(なるべく涼しい部屋)常温保存しても1か月持ちます。より長く持たせたいのであれば、新聞紙を一緒に入れましょう。炭酸ガスを吸ってくれるので長持ちするようです。

 

暖房を付けるシーズン

冷蔵庫に保管します。りんごはエチレンガスを出し、他の食品を熟させる働きをするので、他の果物と一緒に保存する事は避けましょう。

 

保存期間目安1カ月

新聞紙を入れたビニール袋で保存。なるべく空気が入らないようにします。

 

保存目安期間2カ月

ラップでなるべく空気が入らない様に1つ1つ包み、さらにビニール袋で密閉。より効果を高めたいならば、新聞紙も入れてみましょう。3カ月〜半年たっても美味しく頂けたという体験談もあります。ただし、やはりシャリシャリ感は劣るようです。

 

カットしたりんごの場合

保存期間は1〜2日。カットしたりんごは塩水につけるか、漬けたままで保存します。冷凍保存したい場合は、スライスしたり、すりおろしましょう。ここにレモン汁を垂らします。フリーザーバックに入れて平らにして空気を抜きます。冷凍りんごの賞味期限は1か月が目安です。

 

長期保存の方法さえ分かれば、シーズン中の買いだめも怖くない?!是非、お役立て下さい。

<スポンサーリンク>
page top