りんごを妊娠中に食べても?

りんごを妊娠中に食べても?

りんごには、妊婦さんに嬉しい効果が沢山!ただし、気を付けたいポイントもあります。

 

りんごの嬉しい効果

  • つわりを和らげる
  • 水分が豊富で、りんごの爽やかな酸味で食べやすく吐き気に繋がりにくい。と、つわり中の食べ物としても人気です。

  • 便秘解消
  • ホルモンの乱れや腸の圧迫により、便秘などのトラブルが増えるようです。そこで役立つのがりんごに含まれるペクチン。便の硬さを調整するとともに、コレステロールなど体内の不要物を絡め取って排出の助けをするので、デトックス効果も期待できます。

  • 浮腫み解消
  • カリウムが含まれており、体内の余分な塩分排出を助けます。

  • 免疫力アップ
  • ビタミンCの吸収率をアップさせる働きがあります。体の30%を占めるコラーゲンの生成に欠かせないビタミンC。辛いつわり中だからこそ、出来るだけビタミンCを自然な形で、効率良く吸収したいですよね。

 

適量は?

1日に150グラム以内(中1個)が目安です。食べ過ぎは肥満の原因ともなるので、適量を心掛けましょう。糖が出やすい体質、妊娠糖尿病の方は症状が悪化し易くなります。きちんと医師と相談したうえで摂取してくださいね。

 

妊婦さんに是非食べて頂きたいりんご。ただし食べ過ぎや、糖が出やすい体質の方は注意が必要です。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごを食べ過ぎると・・・
りんごを食べ過ぎると太ったり、健康に悪影響を及ぼすのでしょうか。
りんご は太るって本当?
りんごダイエットが流行していますが、一方で「りんごは太る」のではないか?という声も、本当のところを調べてみました。
りんごで下痢になる理由は?
りんごやりんごジュースを飲むと下痢になるという方が多いようです、色々な原因が考えられます。
りんごと胸焼けの関係
りんごは胸やけ解消にとても良いと言われる一方、りんごが原因で胸やけを起こす方も。りんごと胸やけの関係を探ります。
りんごアレルギーの症状
大人になってからなり易いと言われる果物アレルギー。りんごでアレルギー症状を起こす人もいるのだとか。花粉症気味の方、要チェックです。
皮の農薬は大丈夫?
りんごは皮ごと食べるのが良いと言われますが、農薬やワックスなどが健康に悪影響を与える可能性はないのでしょうか?
糖質制限中にりんごは大丈夫?
糖質制限中にりんごは大丈夫なのでしょうか?気になる事実を見ていきましょう。