りんごを加熱すると栄養はなくなる?

りんごを加熱すると栄養はなくなる?

りんごを加熱する「ほっとりんご」に注目が集まっています。栄養成分がさらにアップするのだとか。

 

りんご加熱のメリット

ペクチンの活性化が9倍に!

加熱する事で、不溶性食物繊維「プロトペクチン」が水溶性食物繊維「ペクチン」に変身。体の不要物をゲル状になって絡めとり、排出を助けるペクチンの働きが9倍にも増します。また、腸内善玉菌の良質なエサ「オリゴ糖」も含んでいるので、善玉菌の数を増やし、更なる腸内環境の整備に役立つのです。

 

体を温める

果物は体を冷たくする食べ物です。温めて上げる事で、その欠点を克服し血行促進にも役立ちます。

 

りんご加熱のデメリット

加熱する事で失われる栄養もあります。酵素は熱に弱く、ほとんどなくなってしまうと言われています。ビタミンCやカリウムは水に溶け出やすいので、ベイクした場合、あまり摂取出来ないかも知れません。コンポートなどにすると良いでしょう。

 

 

腸内環境を整える目的であれば、加熱した方が効果的な栄養成分が増して良いかも知れませんね。一方で、むくみ解消や免疫力アップを図るならば、生のままがお勧めです。目的別に食べ方を工夫してみましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの栄養価・成分
りんごの栄養価は、他の果物と比べて大きく優れているという訳でもありませんが、ミネラルやビタミンがバランス良く配合されています。特に注目される成分を見ていきましょう。
りんごでビタミンcの量がアップ
まだまだ原因は解明されていませんが、りんごにはビタミンCの吸収量をアップさせる働きがあるようです。
りんごのカリウムの効果
りんごにはカリウムが含まれています。カリウムとは?どのような健康効果をもたらすのでしょうか。
りんごのペクチンの効果
りんごペクチンの摂取で様々な健康効果が期待できるようです。
りんごの食物繊維パワー
りんごの食物繊維の特徴をご紹介します。
りんごポリフェノールの効果
りんごが注目されるのは、「りんごポリフェノール」のお蔭?!気になるその特徴と効果を見ていきましょう。
りんごの皮に含まれる栄養
りんごの皮を捨ててはいませんか?実はとても勿体ない事をしているかも知れません。りんごを食べるなら、そのまま!その理由をご紹介します。
リンゴ酸の効果
リンゴ酸の効果をご紹介します。ストレスが溜まっている方、疲れやすい方。もしかしたらりんごが役立つかも知れません。
酸化したりんごの栄養は?
りんごが酸化して茶色く変色したとき、りんごの栄養価は下がるのでしょうか?
冷凍りんごの栄養素は?
りんごを冷凍すると、栄養素が失われたり、変質する事があるのでしょうか?