りんごの栄養価・成分

りんごの栄養価・成分

りんごの栄養価は、他の果物と比べて大きく優れているという訳でもありませんが、ミネラルやビタミンがバランス良く配合されています。特に注目される成分を見ていきましょう。

 

りんごの基礎情報(ミネラル・ビタミンのみを表示)

  • エネルギー:138Kal
  • ビタミンA:5.1μg
  • ビタミンE:0.51mg
  • ビタミンB1:0.05mg
  • ビタミンB2:0.03mg
  • ナイアシン:0.26mg
  • ビタミンB6:0.08mg
  • ビタミンC:10.2mg
  • カリウム:280.5mg
  • カルシウム:7.65mg
  • マグネシウム:7.65mg
  • リン:25.5mg
  • 食物繊維:3.83g

参考サイト:カロリーSlism

 

注目すべき成分

食物繊維

水溶性食物繊維ペクチンだけでなく、不溶性食物繊維も含みます。腸内環境改善にぴったりの食材です。

 

カリウム

余分な塩分を排出。高血圧予防に役立ちます。

 

有機酸(リンゴ酸・クエン酸)

疲労物質「乳酸」の分解を助け、疲労回復に貢献します。

 

ポリフェノール

強い抗酸化作用をもち、紫外線によるメラニン生成を抑えたり、老化やあらゆる病気の根源である活性化酸素の除去に役立ちます。抗アレルギー効果、がん予防にも効果的とされ、研究が進められている程です。ポリフェノール群の一種「ケルセチン」には、肝臓での脂肪代謝を高め、脂肪燃焼をアップさせる働きがあるとされています。

 

 

りんごの特徴は、バランスのよい栄養価。様々な成分が複合的に働く事で、体に嬉しい健康効果をもたらしてくれるのですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごでビタミンcの量がアップ
まだまだ原因は解明されていませんが、りんごにはビタミンCの吸収量をアップさせる働きがあるようです。
りんごのカリウムの効果
りんごにはカリウムが含まれています。カリウムとは?どのような健康効果をもたらすのでしょうか。
りんごのペクチンの効果
りんごペクチンの摂取で様々な健康効果が期待できるようです。
りんごの食物繊維パワー
りんごの食物繊維の特徴をご紹介します。
りんごポリフェノールの効果
りんごが注目されるのは、「りんごポリフェノール」のお蔭?!気になるその特徴と効果を見ていきましょう。
りんごの皮に含まれる栄養
りんごの皮を捨ててはいませんか?実はとても勿体ない事をしているかも知れません。りんごを食べるなら、そのまま!その理由をご紹介します。
リンゴ酸の効果
リンゴ酸の効果をご紹介します。ストレスが溜まっている方、疲れやすい方。もしかしたらりんごが役立つかも知れません。
りんごを加熱すると栄養はなくなる?
りんごを加熱する「ほっとりんご」に注目が集まっています。栄養成分がさらにアップするのだとか。
酸化したりんごの栄養は?
りんごが酸化して茶色く変色したとき、りんごの栄養価は下がるのでしょうか?
冷凍りんごの栄養素は?
りんごを冷凍すると、栄養素が失われたり、変質する事があるのでしょうか?