りんごポリフェノールの効果

りんごポリフェノールの効果

りんごが注目されるのは、「りんごポリフェノール」のお蔭?!気になるその特徴と効果を見ていきましょう。

 

りんごポリフェノールとは?

実は、ポリフェノールには沢山の種類があるのです。リンゴに含まれるポリフェノールはプロシアニジン、カテキン、エピカテキン、クロロゲン酸、ケルセチンなど。ポリフェノールは植物特有の成分で、動物には存在しません。植物の皮・樹皮などに含まれる、色素・苦味・渋み成分です。りんごの場合は「プロシアニジン」が主成分となっています。

 

プロシアニジンが凄い!

ポリフェノールの中でも、特に強い抗酸化作用を持ちます。体内の細胞を傷つけたり、酸化させて細胞代謝を下げる「活性酸素」の働きを抑える事で、生活習慣病の予防・アンチエイジングに役立ちます。その優秀さから化粧品の減量として使われる事もある程です。

 

りんごポリフェノールの効果一覧

生活習慣病の予防・アンチエイジング以外にも、以下のような効果が期待出来ます。

美肌効果

メラニンの生成を抑えます。

ダイエット効果

効率よく脂肪を燃やす効や、脂質の酸化も防ぎ、サラサラ血液に貢献します。血行改善により代謝アップ→更なるダイエット効果が期待できるのです。

アレルギー予防

アレルギー反応を抑える事が、近年の研究で分かってきました。

 

りんごポリフェノールを味方に付けて、ダイエット・健康・美肌・アンチエイジング効果の全てを手に入れてしまいましょう!

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの栄養価・成分
りんごの栄養価は、他の果物と比べて大きく優れているという訳でもありませんが、ミネラルやビタミンがバランス良く配合されています。特に注目される成分を見ていきましょう。
りんごでビタミンcの量がアップ
まだまだ原因は解明されていませんが、りんごにはビタミンCの吸収量をアップさせる働きがあるようです。
りんごのカリウムの効果
りんごにはカリウムが含まれています。カリウムとは?どのような健康効果をもたらすのでしょうか。
りんごのペクチンの効果
りんごペクチンの摂取で様々な健康効果が期待できるようです。
りんごの食物繊維パワー
りんごの食物繊維の特徴をご紹介します。
りんごの皮に含まれる栄養
りんごの皮を捨ててはいませんか?実はとても勿体ない事をしているかも知れません。りんごを食べるなら、そのまま!その理由をご紹介します。
リンゴ酸の効果
リンゴ酸の効果をご紹介します。ストレスが溜まっている方、疲れやすい方。もしかしたらりんごが役立つかも知れません。
りんごを加熱すると栄養はなくなる?
りんごを加熱する「ほっとりんご」に注目が集まっています。栄養成分がさらにアップするのだとか。
酸化したりんごの栄養は?
りんごが酸化して茶色く変色したとき、りんごの栄養価は下がるのでしょうか?
冷凍りんごの栄養素は?
りんごを冷凍すると、栄養素が失われたり、変質する事があるのでしょうか?