リンゴ酸の効果

リンゴ酸の効果

リンゴ酸の効果をご紹介します。ストレスが溜まっている方、疲れやすい方。もしかしたらりんごが役立つかも知れません。

 

りんご酸とは2

酸化防止、抗菌性が期待される「有機酸の1つ」で、りんごの酸味成分です。

 

りんご酸の効果2

  • 疲労回復
  • 肉体的な疲労軽減
  • 自然治癒力を高める

 

疲労回復に役立つとされるのは、リンゴ酸が、摂取された食品の分解→エネルギー生成のサイクルを助ける為です。このサイクルは「クエン酸サイクル」と呼ばれています。このサイクルが正常に働く事で、様々な人間の活動が可能になります。エネルギーが上手く作れなければ、ガス欠状態と一緒です。とてもしんどいですよね。また、このクエン酸サイクルは、疲労成分「乳酸」の分解をする役割も担っています。こうした理由から、疲労回復に効果的と言われています。
また、このクエン酸サイクルには、体をアルカリ性に傾けてくれる働きもあります。体がアルカリ性になる事で、例え病原体が侵入しても繁殖しにくく、回復力がアップする=自然治癒力upが期待できるのです。

 

 

りんご酸を味方に付けて、疲れ知らずな健康体をゲットしましょう!1日1個のリンゴで、推奨リンゴ酸量=1200rの摂取が可能です。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの栄養価・成分
りんごの栄養価は、他の果物と比べて大きく優れているという訳でもありませんが、ミネラルやビタミンがバランス良く配合されています。特に注目される成分を見ていきましょう。
りんごでビタミンcの量がアップ
まだまだ原因は解明されていませんが、りんごにはビタミンCの吸収量をアップさせる働きがあるようです。
りんごのカリウムの効果
りんごにはカリウムが含まれています。カリウムとは?どのような健康効果をもたらすのでしょうか。
りんごのペクチンの効果
りんごペクチンの摂取で様々な健康効果が期待できるようです。
りんごの食物繊維パワー
りんごの食物繊維の特徴をご紹介します。
りんごポリフェノールの効果
りんごが注目されるのは、「りんごポリフェノール」のお蔭?!気になるその特徴と効果を見ていきましょう。
りんごの皮に含まれる栄養
りんごの皮を捨ててはいませんか?実はとても勿体ない事をしているかも知れません。りんごを食べるなら、そのまま!その理由をご紹介します。
りんごを加熱すると栄養はなくなる?
りんごを加熱する「ほっとりんご」に注目が集まっています。栄養成分がさらにアップするのだとか。
酸化したりんごの栄養は?
りんごが酸化して茶色く変色したとき、りんごの栄養価は下がるのでしょうか?
冷凍りんごの栄養素は?
りんごを冷凍すると、栄養素が失われたり、変質する事があるのでしょうか?