りんごの保存方法

りんごの保存方法に関する情報をまとめているカテゴリです。

りんごの保存方法記事一覧

りんごを長期保存する方法はあるのでしょうか?お勧めの方法をご紹介します。りんごのシーズン中 りんごのシーズンは冬です。暖房のない部屋で(なるべく涼しい部屋)常温保存しても1か月持ちます。より長く持たせたいのであれば、新聞紙を一緒に入れましょう。炭酸ガスを吸ってくれるので長持ちするようです。暖房を付けるシーズン冷蔵庫に保管します。りんごはエチレンガスを出し、他の食品を熟させる働きをするので、他の果物...

常温保存・冷蔵保存・冷凍保存では、それどれどの位りんごは日持ちするのでしょうか?常温保存(目安1週間〜3か月)りんごの品種やフレッシュな状態かどうかによって左右します。新聞紙で2〜3個包むか、ラップで1個ずつつつみ、新聞紙を入れて更にビニール袋で空気との接触を避けて保存しましょう。冷暗所がお勧めです。冷蔵保存(目安2週間〜半年)フレッシュなままで何も工夫せずに冷蔵保存した場合は2〜3週間。常温保存...

りんごを冷凍保存する際のポイントや方法をご紹介します。りんごは冷凍保存できるの?冷凍保存は可能です!しかし、りんご本来の味が落ちてしまうと言われています。できるだけ、美味しく保存する方法を調べてみました。冷凍方法とポイント 基本のコンポートりんご:1個砂糖:大さじ1杯レモン汁:適量お砂糖の量はお好み調整してみてくださいね。冷ましたコンポートをフリーザーパックに均等になるように入れ、冷凍保存します。...

りんごを常温保存する際には、何点か注意が必要です。出来る限り鮮度を長く保つための秘訣や選び方をご紹介しましょう。ポイント@冷暗所で保管暗く湿度が高い場所がお勧めです。18度前後の温度だと、1週間程で風味が落ちます。なるべく涼しい場所に保管しましょう。夏場は常温ではなく、冷蔵庫保存がお勧めです。ポイントA保存の仕方 新聞紙で2〜3個ずつ包むか、ラップで1つ1つ包みます。包んだうえで、ビニール袋に入れ...

中途半端にりんごが残ってしまう時もありますよね。なるべく風味を失わずに保存できる方法をご紹介します。 りんごが変色する理由りんごのポリフェノールと酸素が結合して酸化する事で、変色が起きます。変色を防ぐ方法として塩水が有名ですよね。塩水によって表面に膜が出来て、酸素とくっつきにくくなるのだそうです。変色を防ぎ、風味をキープする具体的な保存方法を見ていきましょう。 保存方法切り口が浸る位の水に、少しし...

りんごを冷蔵庫で保存した場合、どの位日持ちするのでしょうか?なるべく日持ちさせる方法をご紹介します。 りんごの冷蔵保存方法とても強力な方法は、1つ1つのりんごをラップでキッチリと包む→新聞紙で包む→ビニール袋にいれて、空気を抜き、しっかりと口を閉じる方法です。この方法であれば半年持ったという方もいらっしゃいます。新聞紙を入れる事で、りんごが呼吸の際に出す炭酸ガスや水分を吸収する働きをしてくれます。...

りんごとみかんを一緒に入れてはいませんか?みかんの寿命を縮めているかも知れません。りんごと他の果物は別々に りんごは呼吸の際に「エチレンガス」を出します。これが他の食品の熟成を早めてしまうのです。ですから、りんごとみかんは勿論、りんごと他の果物を同じ箱やスぺースにおいて保存する事は避けましょう。 りんごの正しい保存方法りんごを新聞紙で1つ1つ(または3つごと)包み、さらにビニールに入れて密閉します...

りんごのへたに青かび、芯の部分に白や茶色のふわふわしたものが!?この状態のりんごを食べても大丈夫なのでしょうか? へた部分の青カビ貯蔵庫で出荷を待っていたりんごの場合、菌が繁殖して、目に見えるアオカビとなって「へた」に現れる可能性があります。切った時に中まで進行していなければ大丈夫。保存湿度が高いと中まで進行し易いので、冷蔵庫で保管すると良いでしょう。芯部分の白カビ?りんごを半分に切った時に、芯に...

りんごを10分も放置すると、切り口がどんどん茶色になりますよね。なぜこの様な現象が起きるのでしょうか。 りんごの変色メカニズムりんごに含まれるポリフェノールの一種にエピカテキン・クロロゲン酸があります。これらは酸化を促進する「酸化酵素」も含んでいて、この酸化酵素が空気と触れると「酸化反応」→変色するのです。ポリフェノールは、植物が光合成を行う際にできる物質なので、りんごだけでなく、ほとんどの果物に...

りんごの変色に塩水が効果的と言われる理由をご紹介します。りんごが変色するメカニズム りんごに含まれるポリフェノールの一種、エピカテキン・クロロゲン酸が原因です。これらには酸化を促進する「酸化酵素」が含まれていて、空気と触れて反応する事で酸化→変色を起こします。つまり、変色を防ぐには「ポリフェノールの酸化を遅らせれば良い」という事なのです。塩水が効果的な理由塩水に含まれるナトリウムイオンが、切り口を...

塩水がりんごの変色に役立つ事は有名ですが、浸しすぎるとしょっぱいし、お塩の量を減らせば効果が出ないことも。どの位の時間や濃度が丁度良いのでしょうか。塩の適量 変色を防ぐのに必要な塩水の塩分濃度は0.5〜1%とされています。りんご1個であれば200CCの水に塩一つまみ(小さじ1/5位)と考えましょう。理想的な漬け置き時間長く付ける程、良い気がしますよね。実は、「さっとつける」のが正解!長く付けすぎる...

りんごの変色を防ぐ6つの方法をご紹介します。変色を防ぐ6つの方法1.塩水に浸す水1カップに小さじ1/5の塩を入れ、数分つける。浸したまま保存してもOK。その場合は、お塩の量を少し少な目にしましょう。2.レモン汁レモン汁を振りかけます。ライム汁やパイナップルジュースでも代用可能。3.砂糖水に浸す水1カップに大さじ1杯の砂糖を加え、りんごを5〜10分浸します。4.蜂蜜水1カップに大さじ2杯の蜂蜜を加え...

りんごの保存に最適な環境は、温度が0℃ 湿度が85〜90%と言われています。といっても、なかなかこの環境を維持すのは難しいですよね。そんな時に役立つ!保存方法別に、りんごの賞味期限をご紹介します。そのままの状態 1つ1つ新聞紙にくるみ、さらにビニールで空気が入らない様に封をします。この状態で冷蔵庫に入れて完了!寒い時期の場合は、冷暗所で保存しても大丈夫です。りんごは呼吸の際に、エチレンガスという果...

りんごジャムは保存方法がしっかりしていれば1年もの間日持ちさせる事が出来ます。その手順とポイントをご紹介しましょう。 りんごジャムの保存手順りんごジャムは以下のような手順で保存するのがおすすめです。ビンの殺菌消毒が一番大切です。大鍋に水とビンを入れ、沸騰させます。沸騰から7分したら蓋を投入。さらに3分沸騰させます。ビンの口に触れない様に注意しながら取り出します。乾かす際に、清潔な布をかけてホコリの...

page top