りんごの変色防止方法

りんごの変色防止方法

りんごの変色を防ぐ6つの方法をご紹介します。

 

 

変色を防ぐ6つの方法

  • 1.塩水に浸す
  • 水1カップに小さじ1/5の塩を入れ、数分つける。浸したまま保存してもOK。その場合は、お塩の量を少し少な目にしましょう。

     

  • 2.レモン汁
  • レモン汁を振りかけます。ライム汁やパイナップルジュースでも代用可能。

     

  • 3.砂糖水に浸す
  • 水1カップに大さじ1杯の砂糖を加え、りんごを5〜10分浸します。

     

  • 4.蜂蜜
  • 水1カップに大さじ2杯の蜂蜜を加え、30秒以上浸します。これで8時間位は変色を防ぐ事が出来るのだとか。

     

  • 5.炭酸水
  • 炭酸水に含まれるクエン酸が、変色防止に働きます。ジンジャーエールなどが代表格。お好みの炭酸水に3〜5分漬込んで完成です。そういえば、給食で出てくるフルーツポンチのりんごは何故か変色していませんでした。そういう理由だったのですね。

     

  • 6.ラップで包む
  • りんごが空気に触れるのを防ぐ事で、変色を予防します。ただし、手間もかかりぴたりとラップを密着させるのは至難の業。上記の方法が楽かも知れませんね。

 

りんごの変色を防止するのは塩やレモン汁だけではなかったのですね。お家の中にある調味料を使って、簡単に変色防止&フレッシュさをキープしましょう。

<スポンサーリンク>
page top