りんごの産地・品種

りんごの産地や品種に関する情報をまとめているカテゴリです。

産地ランキング|一番はどこ?

りんごの生産量の多い産地はどこ?日本&世界のランキングトップ5とリンゴの特徴をご紹介します。日本 1位 青森日本のりんごの産出量の50%以上を占めます。県を挙げてりんごの生産に力を入れていて、県庁には「りんご果樹課」があるのだとか。2位 長野全体の20%位を占めると言われています。3位 山形日本一の...

≫続きを読む

 

長野県のりんご生産量

人気&定番の、りんごの品種一覧の特徴をご紹介します。ふじ国内生産量NO1の大人気りんごです。シャリっとした食感に、蜜が沢山入っている事が多くお歳暮にも選ばれます。つがる甘味が強くジューシー。紅玉(こうぎょく)鮮やかな赤色が特徴的。酸味は少し強めです。型崩れし難いのでジャムやコンポートの素材としても人...

≫続きを読む

 

長野県のりんご生産量

長野県のりんご生産量は日本国内で第2位。1位は青森です。どの位の生産量で、どんな特徴を持つのでしょうか。長野県のりんご生産量 年間生産量は155300トン。日本で生産されるリンゴの量の20%近くを占めると言われています。シナノスイート、シナノゴールド、シナノドルチェ、秋映などの長野県オリジナル品種が...

≫続きを読む

 

青森りんごの歴史

日本のりんご生産量の半分以上を占める青森りんご。青森りんごの歴史をご紹介します。青森りんごの始まり 明治8年(1875)、米国人宣教師ジョン・イング師により、りんごが西洋りんごとして青森県に紹介されました。内務省勧業寮から 本県県庁にりんご苗木3本配付され、食用りんごとして人気の青森りんごの歴史が始...

≫続きを読む

 

千秋りんごの特徴

秋田県生まれ、「千秋りんご」の特徴をご紹介します。千秋りんごの歴史秋田県で1966(昭和41)年に「東光」×「ふじ」を交配し生まれた実生を「レッドゴールド」に高接し、結実した中から選抜された品種です。秋田県千秋公園にちなんで名づけられたと言われています。千秋りんごの味・特徴褐色味のある紅色をしていて...

≫続きを読む

 

津軽りんごの特徴

ふじに次いで、2番目に人気と言われる、津軽りんご の特徴をご紹介します。津軽りんごの歴史青森県りんご試験場にて紅玉×ゴールデンデリシャスを交配してつくられた品種です。津軽という名前はあくまで品種名であり、収穫場所が津軽という訳ではありません。青森、長野、岩手県の順に津軽りんごの生産が盛んです。 つが...

≫続きを読む

 

紅玉りんごの特徴

おかし作りには定番と言われるりんご「紅玉」の特徴をご紹介します。紅玉について 明治時代にアメリカから入ってきた「ジョナサン」という品種のりんごを日本独自にアレンジして生み出されたのが「紅玉」です。小ぶりではありますが、独特の酸味、真っ赤な色合い、そして加熱しても煮崩れし難い、りんご本来の香りが強い、...

≫続きを読む

 

長野りんごの種類

長野は、青森に次いで第2位のりんご生産量を誇る県です。長野りんごの種類と旬をご紹介します。味別、 長野リンゴの種類酸っぱいシナノゴールド11月上〜中旬千秋9月下旬〜10月上旬紅玉10月中〜下旬やや酸味がある秋映、アルプス乙女10月上〜中旬シナノレッド8月中旬〜酸味×甘味つがる8月下旬〜9月上旬新世界...

≫続きを読む

 

青りんごの種類

さっぱりとした味わいで人気の青りんご〜黄りんごの種類をご紹介します。種類一覧アンビシャス果肉は黄色く硬く、しっかりとした歯触りです。果汁が多く酸味は少なく甘味がメインとなります。おうりん(王林)果実は綿密で硬く、甘みが強く酸味は少ないです。独特のフレッシュな香りで人気。きおう(黄王)甘味酸味ともまろ...

≫続きを読む

 

青森りんごの種類

青森りんごは国内りんご市場の50%以上を占めます。りんご栽培に適した地で、美味しいりんごが出来ると人気です。青森りんごの主な種類と旬をご紹介しましょう。定番品種 夏緑8月上〜中旬きおう、未希ライフ、彩香8月末〜9月上旬つがる8月下旬〜9月下旬ふじ10月下〜11月上旬とき10月上旬北斗10月中〜下旬陸...

≫続きを読む