りんごを塩水に浸す時間

りんごを塩水に浸す時間

塩水がりんごの変色に役立つ事は有名ですが、浸しすぎるとしょっぱいし、お塩の量を減らせば効果が出ないことも。どの位の時間や濃度が丁度良いのでしょうか。

 

塩の適量

変色を防ぐのに必要な塩水の塩分濃度は0.5〜1%とされています。りんご1個であれば200CCの水に塩一つまみ(小さじ1/5位)と考えましょう。

 

理想的な漬け置き時間

長く付ける程、良い気がしますよね。実は、「さっとつける」のが正解!長く付けすぎると、栄養分が溶け出てしまうのです。例えば、りんごに含まれる健康成分「ペクチン」は水溶性食物繊維。水に溶ける性質を持ちます。切ったら、さっと塩水に浸すようにしましょう。

 

そのまま塩水に浸して保存するのはアリ?

変色防止効果は期待出来ますが、やはり栄養が溶け出る可能性を考えるとあまりお勧めできません。塩の濃度が強すぎると、塩辛くなってしまうので要注意です。
また、塩水はりんごの変色を防ぐための対策であり、日持ちを伸ばす効果はありません。2日以内に食べる様にしましょう。

 

塩水を味方に付けて、りんごのフレッシュな見た目をキープしましょう。これでお弁当用のりんごも美味しく頂けますね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの保存方法
りんごを長期保存する方法はあるのでしょうか?お勧めの方法をご紹介します。
りんごの保存期間はどの位?
常温保存・冷蔵保存・冷凍保存では、それどれどの位りんごは日持ちするのでしょうか?
りんごの冷凍保存の方法
りんごを冷凍保存する際のポイントや方法をご紹介します。
りんご正しい常温保存の方法
りんごを常温保存する際には、何点か注意が必要です。出来る限り鮮度を長く保つための秘訣や選び方をご紹介しましょう。
切ったりんごの保存方法
中途半端にりんごが残ってしまう時もありますよね。なるべく風味を失わずに保存できる方法をご紹介します。
りんごは冷蔵庫でどの位持つのか
りんごを冷蔵庫で保存した場合、どの位日持ちするのでしょうか?なるべく日持ちさせる方法をご紹介します。
りんごとみかんを一緒に保存するのはNG
りんごとみかんを一緒に入れてはいませんか?みかんの寿命を縮めているかも知れません。
りんごのへたにカビ?原因は?
りんごのへたに青かび、芯の部分に白や茶色のふわふわしたものが!?この状態のりんごを食べても大丈夫なのでしょうか?
りんごが変色する理由
りんごを10分も放置すると、切り口がどんどん茶色になりますよね。なぜこの様な現象が起きるのでしょうか。
りんごの変色に塩水が効果的?なぜ?
りんごの変色に塩水が効果的と言われる理由をご紹介します。
りんごの変色防止方法
りんごの変色を防ぐ6つの方法をご紹介します。
りんごの賞味期限はどの位?
りんごの保存に最適な環境は、温度が0℃ 湿度が85〜90%と言われています。といっても、なかなかこの環境を維持すのは難しいですよね。そんな時に役立つ!保存方法別に、りんごの賞味期限をご紹介します。
りんごジャムを長持ちさせる保存方法
りんごジャムは保存方法がしっかりしていれば1年もの間日持ちさせる事が出来ます。その手順とポイントをご紹介しましょう。