津軽りんごの特徴

津軽りんごの特徴

ふじに次いで、2番目に人気と言われる、津軽りんご の特徴をご紹介します。

 

津軽りんごの歴史

青森県りんご試験場にて紅玉×ゴールデンデリシャスを交配してつくられた品種です。津軽という名前はあくまで品種名であり、収穫場所が津軽という訳ではありません。青森、長野、岩手県の順に津軽りんごの生産が盛んです。

 

つがるとサンつがるの違い?

綺麗な色を付ける為に袋をかぶせて栽培される方法は、有袋栽培とよばれます。反対に、袋を付けずに太陽の光をタップリ浴びて育てられたりんごは無袋栽培と呼ばれ、この方法で育てられたつがるに「サンつがる」の名前が与えられます。

 

津軽りんごの味・見た目の特徴

薄いピンク色が特徴的。9月20日頃までに収穫される早生種の中では一番甘いと言われています。サクッとした歯ごたえに、濃厚・ジューシーでまろやかな味わいです。収穫時期は9月中〜下旬が目安です。

 

津軽りんごの注意点

果汁は多く甘いのですが、長期に及ぶ常温保存があまりお勧めできない品種です。保存の際にはビニール袋に入れ、封をして冷蔵保存してください。なるべく早めに食べましょう。

 

リンゴは秋〜冬にかけて旬のピークとなりますが、津軽りんごは比較的早く市場に出回る品種です。保存方法に気を付けて津軽リンゴの美味しさを存分に味わって下さいね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

産地ランキング|一番はどこ?
りんごの生産量の多い産地はどこ?日本&世界のランキングトップ5とリンゴの特徴をご紹介します。
長野県のりんご生産量
人気&定番の、りんごの品種一覧の特徴をご紹介します。
長野県のりんご生産量
長野県のりんご生産量は日本国内で第2位。1位は青森です。どの位の生産量で、どんな特徴を持つのでしょうか。
青森りんごの歴史
日本のりんご生産量の半分以上を占める青森りんご。青森りんごの歴史をご紹介します。
千秋りんごの特徴
秋田県生まれ、「千秋りんご」の特徴をご紹介します。
紅玉りんごの特徴
おかし作りには定番と言われるりんご「紅玉」の特徴をご紹介します。
長野りんごの種類
長野は、青森に次いで第2位のりんご生産量を誇る県です。長野りんごの種類と旬をご紹介します。
青りんごの種類
さっぱりとした味わいで人気の青りんご〜黄りんごの種類をご紹介します。
青森りんごの種類
青森りんごは国内りんご市場の50%以上を占めます。りんご栽培に適した地で、美味しい りんごが出来ると人気です。青森りんごの主な種類と旬をご紹介しましょう。