蜜入りリンゴの見分け方

蜜入りリンゴの見分け方

見た目で分かる!蜜入りりんごの選び方をご紹介します。

 

選ぶ前の注意点

りんごによって、蜜の入りにくい品種もあります。例えば「王林」「つがる」は殆ど入らず、「北斗」「ふじ」は蜜が入り易いと言われています。また、蜜は熟したりんごに生じやすく、ピークを過ぎて脱水し始めると、見た目に美味しい蜜が消えていきます。ただし、糖の量に変化はないのでご安心下さい。

 

蜜入りりんごの選び方

蜜は完熟したりんごに現れるので、完熟リンゴを選ぶ事が大切なポイントとなります。注目すべきはりんごのお尻部分。ここが青いと若く、黄色く透き通ってくると熟しているサインとなります。ツルが太いりんごは、栄養をタップリ吸収しているので蜜が出来易いと言われています。また赤色のりんごが人気ですが、色よりも形に注意してみましょう。赤く平べったいりんごよりも、黄色っぽく全体に赤が入った「縦長どっしりりんご」の方が、甘味が強い傾向があります。

 

 

同じ品種・同じ産地でも、蜜の入り方は異なります。蜜の入ったリンゴを選ぶにはりんごのお尻部分・ツル・りんごの形に着目してみてくださいね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの旬の季節
りんごを買うなら、一番おいしい旬の季節を狙ってみましょう。
りんごの美味しい食べ方
りんごの美味しい食べ方をご紹介します。
りんごは丸かじりする場合の洗い方
りんごは丸かじりが一番良いと言われますが、農薬などが心配ですよね。りんごの洗い方をご紹介します。
美味しいりんごの選び方
せっかく購入するならば、美味しいりんごを選びたいですよね。美味しいりんごの選び方・見極め方をご紹介します。