りんごの皮に含まれる栄養

りんごの皮に含まれる栄養

りんごの皮を捨ててはいませんか?実はとても勿体ない事をしているかも知れません。りんごを食べるなら、そのまま!その理由をご紹介します。

 

りんごの皮を捨てたら勿体ない理由

りんごに含まれるポリフェノールの種類は100種以上。そして、りんごの皮と皮の下には、果実部分の4倍ものポリフェノールが含まれています。だからこそ、りんごは丸かじりが一番なのです。

 

りんごの皮に含まれるポリフェノールと効果

  • エピカテキン
  • 免疫力アップ・血管若返り効果による動脈硬化、高血圧の予防。

     

  • プロシアニジン
  • アンチエイジング・アレルギー改善・コレステロール・中性脂肪の減少・美肌・育毛効果。

     

  • アントシアニン
  • 視力改善・白内障、緑内障予防・肥満防止

     

  • ケルセチン
  • 動脈硬化の予防・生活習慣病予防

 

りんごの皮に抵抗がある方!お勧めレシピ

りんごの皮を煮だして、そのお湯で紅茶を入れましょう。ポリフェノールは熱に強いので、無くなる事はありません。お手軽にアップルティーを楽しみましょう。

 

りんごの種には中毒性があるので、食べない様に注意しましょう。更なるりんご効果を期待して、りんご丸かじり習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

<スポンサーリンク>

関連ページ

りんごの栄養価・成分
りんごの栄養価は、他の果物と比べて大きく優れているという訳でもありませんが、ミネラルやビタミンがバランス良く配合されています。特に注目される成分を見ていきましょう。
りんごでビタミンcの量がアップ
まだまだ原因は解明されていませんが、りんごにはビタミンCの吸収量をアップさせる働きがあるようです。
りんごのカリウムの効果
りんごにはカリウムが含まれています。カリウムとは?どのような健康効果をもたらすのでしょうか。
りんごのペクチンの効果
りんごペクチンの摂取で様々な健康効果が期待できるようです。
りんごの食物繊維パワー
りんごの食物繊維の特徴をご紹介します。
りんごポリフェノールの効果
りんごが注目されるのは、「りんごポリフェノール」のお蔭?!気になるその特徴と効果を見ていきましょう。
リンゴ酸の効果
リンゴ酸の効果をご紹介します。ストレスが溜まっている方、疲れやすい方。もしかしたらりんごが役立つかも知れません。
りんごを加熱すると栄養はなくなる?
りんごを加熱する「ほっとりんご」に注目が集まっています。栄養成分がさらにアップするのだとか。
酸化したりんごの栄養は?
りんごが酸化して茶色く変色したとき、りんごの栄養価は下がるのでしょうか?
冷凍りんごの栄養素は?
りんごを冷凍すると、栄養素が失われたり、変質する事があるのでしょうか?