離乳食後期向けのりんご料理の作り方

離乳食後期向けのりんご料理の作り方

りんご離乳食後期では、赤ちゃんは離乳食になれ、食べムラも出てきてママは離乳食に悩み始める時期かも知れません。そんな時に役立つりんごを使った料理の作り方やポイントをご紹介します。

 

 

離乳食後期の特徴(生後9〜11カ月)

赤ちゃんが機嫌良く離乳食を食べるようであれば、そろそろ1日3回にトライしてみましょう。食べムラや遊び食べもスタートし、ママには悩み多き時期のスタートです。食べたくなさそうな時には潔く諦め、赤ちゃんの意志を尊重して、赤ちゃんペースで進めていきましょう。

 

レシピ1りんごとバナナの蒸しパン

■材料

  • りんご1/8
  • バナナ1/4個
  • 小麦粉100g
  • ベーキングパウダー
  • 小さじ1・牛乳100g(又はミルク)

 

■手順

  1. りんごとバナナを食べやすい大きさに切る。
  2. 小麦粉・ベーキングパウダー・牛乳を耐熱皿に入れ混ぜる。
  3. 2にリンゴバナナを投入。
  4. レンジで3分半〜4分加熱。

 

レシピ2りんご春巻き

■材料

  • りんご30g
  • じゃが芋中1/2個

 

■手順

  1. りんごとじゃが芋をみじん切りにし、じゃが芋は暫く水に浸す。
  2. 材料に被る位の水をいれ、コトコト煮ます。
  3. 火が通ったらざるにあげ、水気をしっかり切って全体的につぶす。
  4. ワンタンの皮に適量を載せてクルクルと巻きます。
  5. 弱火でカリッと焼きあげて完成!

 

手でつかんで食べられるので、赤ちゃんもきっと楽しみながらパクパクと食べてくれるでしょう。

 

 

ママやパパの真似をして、自分で食べたくなる時期でもあります。赤ちゃんの食事の時間が楽しくなるように、出来るだけ手で食べられる離乳食にしてあげると良いかも知れません。

<スポンサーリンク>
page top