長野県のりんご生産量

長野県のりんご生産量

人気&定番の、りんごの品種一覧の特徴をご紹介します。

 

  • ふじ
  • 国内生産量NO1の大人気りんごです。シャリっとした食感に、蜜が沢山入っている事が多くお歳暮にも選ばれます。

     

  • つがる
  • 甘味が強くジューシー。

     

  • 紅玉(こうぎょく)
  • 鮮やかな赤色が特徴的。酸味は少し強めです。型崩れし難いのでジャムやコンポートの素材としても人気。

     

  • 王林(おうりん)
  • 青りんごの代表格。甘味が強く濃厚な香りが特徴的。果肉が柔らかくお子さん、お年寄りの方でも安心して食べられます。

     

  • 陸奥
  • 見栄えが良く、贈り物としても選ばれます。大粒でジューシー。さっぱりとした味わいで人気です。

     

  • シナノゴールド
  • 糖度が14〜15高く、甘みと酸味のバランスが抜群。黄色に近くなるほど、甘くなります。

     

  • シナノイースト
  • >糖度が14〜15と高く、酸味が抑えられ、甘味が強く感じられます。

     

  • ジョナゴールド
  • 日本でも有名なアメリカのリンゴです。果汁が多く酸味がやや強いです。加工品にも向いています。

     

  • 千秋(せんしゅう)
  • 歯ごたえがあり、果汁も沢山。甘味×酸味のバランスが良いりんごです。

     

  • 秋映(あきばえ)
  • 秋映(あきばえ)

    大玉で濃い赤色が特徴的。シャリシャリ感が楽しめます。酸味×甘味のバランスもGOOD。

 

 

スーパーで良く見かけるりんごの品種ごとの特徴をご紹介しました。是非、参考にしてみて下さいね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

産地ランキング|一番はどこ?
りんごの生産量の多い産地はどこ?日本&世界のランキングトップ5とリンゴの特徴をご紹介します。
長野県のりんご生産量
長野県のりんご生産量は日本国内で第2位。1位は青森です。どの位の生産量で、どんな特徴を持つのでしょうか。
青森りんごの歴史
日本のりんご生産量の半分以上を占める青森りんご。青森りんごの歴史をご紹介します。
千秋りんごの特徴
秋田県生まれ、「千秋りんご」の特徴をご紹介します。
津軽りんごの特徴
ふじに次いで、2番目に人気と言われる、津軽りんご の特徴をご紹介します。
紅玉りんごの特徴
おかし作りには定番と言われるりんご「紅玉」の特徴をご紹介します。
長野りんごの種類
長野は、青森に次いで第2位のりんご生産量を誇る県です。長野りんごの種類と旬をご紹介します。
青りんごの種類
さっぱりとした味わいで人気の青りんご〜黄りんごの種類をご紹介します。
青森りんごの種類
青森りんごは国内りんご市場の50%以上を占めます。りんご栽培に適した地で、美味しい りんごが出来ると人気です。青森りんごの主な種類と旬をご紹介しましょう。